Google Ad

Arokaya Onsen Village (Pong Kham Ram)

Arokaya Onsen Village (Pong Kham Ram)

メーソートのの郊外に、温泉があります。メーソートには温泉は三か所あるとのことですが、ここしか行ったことがありません。このArokaya Onsen Village (Pong Kham Ram)はとても良い施設でした。ただ、外国人は1人200バーツでした。200バーツのなかには、ペットボトルの水、バスタオル、短パンが含まれていますので、手ぶらで行っても楽しめます。
営業時間は、夕方の18時までの入場で、18時30分か19時頃まで使えます。

Arokaya Onsen Village (Pong Kham Ram)の写真

<% pageTitle %>

 メーソートの街から25キロくらいのところにある温泉施設です。レンタルバイクで40分くらいかかりました。ちょっとわかりにくいところにありますので、道に迷うかもしれません。私は道に迷いました。

 それと、入場は18時までですのでお気を付けください。

<% pageTitle %><% pageTitle %>

 左の写真は駐車場&入口です。もちろん駐車場代は無料です。

<% pageTitle %>

 お湯の温度は44度でかなり熱めです。最初は足湯でしか入れませんし、少し冷まさないと入れません。ちなみに、お湯を冷ます水等はありませんので、自然に冷ますしかないです。

<% pageTitle %><% pageTitle %><% pageTitle %>

 外国人は、200バーツ、約600円になります。200バーツの中には、ペットボトルの水、バスタオル、短パンなど、すべて含まれた料金になりますので手ぶらで行っても問題ありません。

 アジア人なら何も言わずに100バーツを手渡せば、タイ人と思われてタイ人価格で入れるかもしれません。(笑) 私の場合は、『How much?』といってしまったので、あぁ、外国人なのねと思われました。何も言わなければ外国人と思われなかったと思います

<% pageTitle %><% pageTitle %>

 更衣室がありますので、ここで短パンに着替えてから温泉に入ります。下の写真が、温泉です。日本のような大きなお風呂にみんなで入るのではなく、1人ずつの湯船になります。足は完全に伸ばせませんが、1人用では十分な大きさです。

それと、写真を撮り忘れましたが、トイレの裏側にシャワーが浴びれるところもあります。

<% pageTitle %><% pageTitle %>

 写真のように、お湯を溜めて入ります。お湯がたまっているお風呂もありましたが、誰かが入った後かわからなかったので、お湯が入っていないものを選びました。お湯がそこそこたまるまで15分、満タンになるまで20分くらいかかりました。

 温度が44度とかなり熱いので、最初は足湯でしか入れませんでした。ちなみに、お湯の温度を低くするための水などはありません。自然に冷ますしかないです。我慢すれば入れないことはありませんが、普通に入れるようになるまでに30~40分くらいかかります。

 時間制限はないようですので、時間をかけてお湯を冷ますしかありません。温泉を1~2時間くらいかけて楽しむと考えたほうがいいと思います。

 泉質は正直わかりませんが、タイ、ミャンマーではシャワーのみで、お風呂につかる習慣がないのでとてもリラックスできました。長期滞在者にとっては、お風呂につかれるだけでも満足でしょう。

Arokaya Onsen Village (Pong Kham Ram)の地図

メーソート Mae Sot 地図 地図の使い方

地図の使い方 ミャンマー 旅行 観光 情報 Myanmar Travel Information



このページの感想、レビュー等がありましたら、ぜひお書きください。
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

コメント、レビュー、質問、何でもお書きください。

Arokaya Onsen Village (Pong Kham Ram)
レビューの平均: 
 0 レビュー

タイトルとURLをコピーしました