Google Ad

ミャンマーの効率のいい旅行のしかた、ビザ、海外安全情報、地図、航空券、ホテル

2018年10月1日から1年間、ノンビザです。

※ ビザについて、2018年10月1日より、日本人のミャンマーの観光ビザがの取得が必要なくなります。 一応、1年間の期間限定ということですが、ノービザが延長されるかどうかはその後に検討されるとのことです。

日本経済新聞の記事

 なお、ロヒンギャ問題が大きくクローズアップされておりますが、バングラディシュの国境地帯周辺だけの問題であって、ヤンゴンや、その他のミャンマーの観光地である、マンダレー、バガン、インレー湖、パ・アンなどでは何ら問題なく観光できます。
ミャンマーについて知らない方もいらっしゃると思いますが、ミャンマーは、実はかなり治安のよい国のひとつですし、ミャンマー人はとっても穏やかで親切な国民性を持っています。

外務省 海外安全情報ホームページ

外務省が出している海外旅行等の安全情報です。

外務省の海外渡航情報、安全情報ホームページです。

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。
 ロヒンギャ問題がクローズアップされていますが、ミャンマー国内の主要都市、観光都市では特に問題にはなっておりません。ロヒンギャ問題は、主にバングラディシュとの国境沿いの一部であって、ミャンマー全土にまで広がっているわけではありません。
基本的なミャンマー人の性格は、日本人以上に穏やかな人がほとんどです。 一般的な観光等をする限り、特に障害になることはありません。ミャンマーは、アジアの中では安全な国の一つです。夜中に外に出歩いても何ら問題はありませんが、一応、注意を怠らないようにしてください。

ミャンマーの地図

 

効率のいい旅行のしかた

空港 イラスト ヤンゴン国際空港 マンダレー国際空港 効率のいい チケット 航空券 入国 出国

 東京からですと、直行便だと6時間ほどになります。ミャンマーの国際空港は3つあり、ヤンゴン、マンダレー、ネピドーです。中心はもちろんヤンゴン国際空港になりますが、入国をマンダレー、出国をヤンゴンにすることも可能です。もちろん、入国をヤンゴン、出国をマンダレーにもできます。
ミャンマーの観光地は北部に偏っていますので、ヤンゴンから入国して北部を観光し、またヤンゴンに戻って出国する必要はありません。
マンダレーから入国して、マンダレー、バガン、インレー湖を観光して、南部のパ・アン、モーラミャイン、ダウェイなどを観光してからヤンゴンに行って出国することも可能です。そのほうが、時間的にも効率よく回れます。ヤンゴン周辺は1~2日あれば十分まわれます。それよりも、ヤンゴン以外の場所をまわるほうをお勧めいたします。
ひとつの効率のいい旅行法としてお考え下さい。ただ、マンダレー国際空港の国際便はそれほど多くありませんので、マンダレーから出入国できる国は限られてしまいます。エアーアジアはマンダレーに乗り入れています。

効率のいい旅行のしかた 2

 ミャンマーの南方にある、ミャワディー(Myawady)、タイのメーソート(Mae Sot)から陸路で出入国できます。
タイに行かれる方、もしくは、タイから来られる方は、ミャワディー(ミャンマー)、メーソート(タイ)のチェックポイントを通る方法があります。南方には、パ・アンモーラミャインダウェイといった観光地があります。

出入国に関してはこちらへモーラミャイン
パ・アンダウェイ

 

飛行機のチケット

チケット購入サイト

<% module(HIS海外旅行 468×60) %>

<% module(Sky Ticket 468×60) %>

<% module(Expedia 468×60) %>

 日本から(東京)からの最安のチケットは3万~3万5千円(中国国際航空、エアーチャイナ)です。もちろん、往復チケットです。その他の航空会社は、だいたい5~6万円前後が多いですが、トランジットがあります。
直行便ですと、飛行時間は東京から約7時間くらい、価格は8~10万円弱くらいになります。※ 長時間トランジットがあるのでしたら、トランジットの時間を利用して、トランジットの国を観光するのもいいです。

ミャンマー 観光 効率のいい イラスト ヤンゴン マンダレー 旅行 航空券 トランジット

トランジットの利点 1: 例えば、チャイナエアー(中華航空)を使うと、台湾の台北でトランジット、乗り換えになります。台北で8~10時間のトランジットがあるのでしたら、台湾の入国して、台北観光、夜市(ナイトマーケット)に行って、台湾料理を食べたりもできます。もちろん、預けた荷物はミャンマーまで行来ますので、ほとんど手ぶらで台湾観光ができます。
わざとトランジットの時間がたくさんあるチケットを買えば、1回のフライトで2度おいしい旅行になります。トランジットの利点 2: トランジットの国でチェックインの必要がありません。たいていの場合、トランジットのある航空券は日本でもらうことになります。例えば、日本から台湾、台湾からミャンマーの航空券を日本で受け取ることになります。台湾でのチェックインは出発時間の3時間前くらいからオープンになりますので、チェックインカウンターでそれまで待たなければなりませんが、既に台湾からミャンマーまでの航空券を既に日本でもらっていますので、台湾の空港カウンターでチェックインする必要がありません。ですので、観光が終わったら台湾を出国をして、飛行機の搭乗口の前で寝てることも可能です。ただし、出発時間までの時間がありすぎると搭乗口のゲートが決まっていない場合もありますので、その時は2時間前くらいに確認する必要があります。
空港で寝るにしても、出国前のチェックインカウンター前、空港の出発ロビーで寝ているよりも、出国して搭乗ゲート前で寝ている方がセキュリティー的にも安全です。

※ ただし、飛行時間、トランジットの時間合わせて、トータルの時間が24時間以上の場合にはトランジットの国で出国しなければなりませんので、トランジットの国で再入国、チェックインをする必要があります。これは、航空法により決められています。

余談 1: ベトナムでのトランジットはお気を付けください。基本的に、トランジットのある航空券は、行きも帰りもトランジットがあります。ですので、行きも帰りも入国できることになりますが、ベトナムだけは、30日以内の再入国にはビザが必要になりますので、たいていの場合には、行きか帰りのどちらかしか入国できません。もちろん、ベトナムのビザを取得すれば入国できますが、半日トランジットの観光で5千円程度を払わなければなりませんし、事前にビザの取得をしておかなければなりません。 余談 2: 同じ国でも、違う場所でのトランジットがある場合があります。これは、中国国際航空(エアーチャイナ)の場合ですが、行きは北京、帰りは成都でトランジットがある場合がありました。もちろん、観光する時間があれば、この北京、成都の両方で入国できますから観光できます。
1回の航空券で、北京、ミャンマー、成都と、3つの場所を楽しめることになります。余談 3: 24時間以上のフライト&トランジットになる場合には、航空法により、一度チェックアウトしなければならないという規定がありますので、預けた荷物を受け取り、再度チェックインしなければなりません。ほとんどの場合、24時間以内のフライトになりますが、ミャンマーから中国の成都経由で帰ってくる場合にそのようなチケットがありました。成都で20時間ほどのトランジットがあり、フライト時間と合わせて24時間以上になるために、預けたバッグを成都で受け取らなければなりませんでした。しかし、成都の空港にバッグを預けられるところがありますので、大きい荷物はそこに預けて1泊だけの荷物を持ってパンダを見に行ったり、四川の本場の麻婆豆腐を食べたり、パンダを見たりすることができます。
詳しくは、チェックインカウンター、航空会社にてお尋ねください。というよりも、チェックインカウンターでそのように言われるはずです。

ミャンマー国内線のチケット

 ミャンマー国内線の飛行機のチケットは、エクスペディアで購入することができます。

ミャンマーのホテル、ゲストハウスについて

ミャンマーのホテルは、

外国人が泊まれるホテルと、外国人が泊まれないホテルがあります。

 ※ゲストハウス・ホステルも同じです。

理由といたしまして、ホテルに外国人を泊めることのできるライセンスがあり、そのライセンスをホテルが持っていれば泊まることができますが、ライセンスがなければ拒否、泊まることができません。
ですので、ミャンマーの全てのホテル・ゲストハウスに外国人が泊まれるというわけではありませんのでお気を付けください。

もちろん、下記のagoda.com、HIS,エクスペディアなどのサイトに載っているホテル、ゲストハウスは外国人を泊めることのできるライセンスを持っていますので問題なく予約できます。



このページの感想、レビュー等がありましたら、ぜひお書きください。
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

コメント、レビュー、質問、何でもお書きください。

ミャンマーの効率のいい旅行のしかた、ビザ、海外安全情報、地図、航空券、ホテル
レビューの平均: 
 0 レビュー

タイトルとURLをコピーしました