Google Ad

ミャンマーの通貨、両替、ATM、クレジットカード、外国人入域料、入場料、日本大使館

両替・ATM・クレジットカードについて

ATMについて

 数年前までは、ほとんどATMがありませんでしたが、現在では普及していますのでATMからの引き出しができます。ここで気を付けていただきたいのが、1回あたり、5,000kya~6,000kyaの手数料がかかるということです。たとえば、1,000kyaを引き出しても、300,000kyaを引き出しても同じ手数料がかかります。手数料は、引き出す銀行によって違います。KBZバンクは5,000kyaですが、Ayaバンクでは6,000kyaということです。
それと、1回のATMの引き出しは、300,000kya(約260ドル)までですのでご注意ください。それ以上は引き出せません。更に引き出しをしたい場合には、再度ATMの操作を行ってください。

両替所について

 両替所もいたるところにありますが、両替はアメリカドルが中心で、その他、ユーロ、シンガポールドル、中国元なども取り扱っていますが、圧倒的にアメリカドルです。日本円はあまり取り扱っていませんのでご注意ください。
ある程度のアメリカドルを日本で両替し、ミャンマーでアメリカドルからミャンマーkyaに両替する形がいいと思います。そして、足りなくなったらATMで引き出す形がお勧めです。
宿泊する場所、旅行の内容にもよりますが、ミャンマーは物価が安いですので、それほどお金を持っていく必要はありません。 それと、気を付けていただきたいのが、アメリカドルのピン札でないと両替してくれないところが多数あります。ピン札に見えても、少しでもインクが付いていたり、汚れていたり、傷ついていたりしたら両替してくれません。もしくは、レートが悪くなります。日本でアメリカドルに両替するときに、できるだけきれいなお札をもらうようにしてください。ですが、銀行では、多少汚れていても両替してくれる傾向があります。もし、手持ちのドルにピン札がない時には、銀行の両替所に行って両替してみてください。

クレジットカード

クレジットカードは、そこまで普及していません。大きなホテル、ショッピングモールなどでは使えますが、ほとんど使えないと思っていたほうがいいと思います。

外国人入域料・入場料

 ミャンマーでは、外国人が各地域、各パゴダや遺跡に入る場合に、

入域料、入場料を支払わなければならない場合があります。

 基本的に、ミャンマーの主要な観光地では入域料を支払わなければならないとお考え下さい。
支払いは、USドル、またはミャンマーkyaでの支払いになります。
為替レートが変動しますが、USドル、ミャンマーkya、どちらかの固定料金での支払いになります。
なお、為替変動により料金が変更される場合がありますので、ご了承ください。

 

都市

観光地

料金

ヤンゴン

シュエダゴン・パゴダ

外国人入場料

US$ 8

ヤンゴン

スーレー・パゴダ

外国人入場料

US$ 3

バゴ

外国人入域料

10,000kya

チャイティーヨー・パゴダ

(ゴールデン・ロック)

外国人入場料

6,000kya

バガン

外国人入域料

US$ 20 or 25,000kya

マンダレー

外国人入域料

10,000kya

インレー湖

外国人入域料

US$ 10

サガイン

外国人入域料

5,000kya

ピンダヤ

外国人入域料

US$ 5

カックー遺跡

カックー遺跡入域料

US$ 3


日本大使館

日本大使館のホームページ

日本大使館の行き方

スーレーパゴダのバスターミナルから、ライン61のバスで、日本大使館の近くまで行くことができます。場所は、ヤンゴン動物園の近くになります。

 

日本大使館地図の使い方 ミャンマー 旅行 観光 情報 Myanmar Travel Information 地図の使い方

日本大使館 地図の使い方 ミャンマー 旅行 観光 情報 Myanmar Travel Information



このページの感想、レビュー等がありましたら、ぜひお書きください。
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

コメント、レビュー、質問、何でもお書きください。

ミャンマーの通貨、両替、ATM、クレジットカード、外国人入域料、入場料、日本大使館
レビューの平均: 
 0 レビュー

タイトルとURLをコピーしました