バガン (Bagan)

Google Ad
バガン (Bagan)

★バガンへの行き方、旅行観光情報、地図、気候、旅のしかたについて。

バガン、Baganは、ミャンマーで最も有名な観光地で世界遺産級の場所です。たくさんの仏塔があり、街並みも当時のままですので歴史を感じさせます。ミャンマーで必ず行っておくべきおすすめの場所です。バガンに入るためには、外国人は入域料が必要です。
旅の準備

★ミャンマー トラベル インフォメーション Top Page

ミャンマーの個人旅行、観光地、バックパッカー、地図、行き方、準備、おすすめ情報、みどころを集めています。ヤンゴン、マンダレー、ピン・ルー・ウィン、ゴッティ鉄橋、シポー、モーラミャイン、パアン、バガン、インレー湖、カロー、カックー遺跡、ダウェイ、グエンサンなど。
旅の準備

★ミャンマーの主な観光地の旅行、観光情報。myanmar-travel.info

ミャンマーの観光地、旅行情報、観光スポット、地図、おすすめ情報、みどころ、行き方、旅のしかたを集めています。ヤンゴン、マンダレー、バガン、インレー湖、パアン、モーラミャイン、ダウェイの他、カロー、ゴッティー鉄橋、カックー遺跡などもあります。
マンダレー (Mandalay)

ミャンマー北部

ミャンマー北部の観光情報です。マンダレー、バガン、インレー湖と、ミャンマーの有名な観光地があります。ピン・ルー・ウィン(Pyin Oo Lwin)、世界第二位の鉄橋、ゴッティ鉄橋(Gok Hteik Bridge)、カロー(Kalaw)からインレー湖(Inle Lake)までのトレッキング、カックー遺跡(Kakku)の情報もあります。
旅の準備

バガンとマンダレー間のフェリーの情報。外国人観光客専用の船になります。

マンダレーとバガンは、外国人観光客専用のフェリーでも移動することができます。バスよりも少し時間がかかります。乾季の3月頃~5月までは川の水量が少なくなるために運休となります。フェリーの料金、価格、チケットの購入方法、買い方等も掲載しています。
バガン (Bagan)

番外編 その2、バガン、暑い、避ける、ホテルのプールだけ使える。

バガンの日中は暑いです。特に、3月~5月はとても暑いので日中に移動するのはとてもつらいです。そこで、プールのあるホテルで、プールのみ使うことができるホテルがあるとのことです。朝と夕方にバガンをまわり、一番暑い時間帯はプールで過ごすこともおすすめです。
バガン (Bagan)

バガンの旅のしかた、レンタル電動バイク、E-Bike、バイクタクシー、馬車、自転車

バガンのまわり方は、レンタル電動バイク、E-Bikeで回ることをおすすめします。電動バイクは、自転車が乗れれば運転することができます。自転車はあまりおすすめしません。バガンは平たんに見えてもなだらかな坂が続いてますので、かなり体力的にきついです。
バガン (Bagan)

バガンの基本的な情報、行き方、観光情報、旅行のしかた、写真、おすすめ情報。

バガンの基本的な情報、行き方、観光のしかた、写真、おすすめ情報を集めてあります。バガンはミャンマーで行くべき観光場所になります。つまらない世界遺産に行くよりも、バガンに行くほうがよっぽど楽しめます。個人的には、アンコールワット級の世界遺産だと思います。
バガン (Bagan)

バガンの気候、天気予報、ベストシーズン、月別の最高気温、最低気温、降水量など。

バガン(Bagan)の気候、天気予報と、最高気温、最低気温、降水量をグラフ化してあります。ベストシーズンは、乾季の10月下旬~2月です。3月~5月上旬は暑季、5月下旬~10月上旬までは雨季になります。バガンの雨季は、南部に比べると降水量が少ないです。
バガン (Bagan)

バガン、番外編、壺に入っている水、危険、ミネラルウォーター、

水には気をつけましょう。ミャンマー人が飲んでいるからといって、外国人が飲めるとは限りません。20リットル入りのタンクに入っている水は浄水されている水なので大丈夫ですが、壺に入っている水は浄水が不十分ですので危険です。
Google Ad
タイトルとURLをコピーしました