Google Ad

ミャンマーあるある

ミャンマーのあるあるページ

人によって、感じ方が違うところもあるかもしれませんが、個人的に思っていることを書きました。

    • ミャンマー人が着ているスカートのような民族衣装は、ロンジー。男と女で、結び方が違う。
    • ミャンマー人女性が顔などに塗っているのは、タナカという日焼け止め&お化粧。
    • ミャンマーは130以上の民族がいる多民族国家。だけど、6~7割がビルマ族。
    • 首都はヤンゴンじゃなくて、ネピドー。
    • ヤンゴンの中心部はバイク禁止!なので、バイクタクシーもいません。すべて車のタクシーです。
    • よくお店の前においてあるお水は勝手に飲んでいい。(ドネーション、寄付、貢献的な意味合いがある)
    • お坊さんがいたるところにいっぱいいて、朝は托鉢してる。
    • パゴダでは靴を脱ぐ。
    • ミャンマーでは水を溜める習慣があるので、とにかく蚊がいっぱいいる。
    • 実は、世界で一番寄付をするのがミャンマー人。仏教に対しての寄付は惜しみません。
    • ミャンマー人が口の中でもぐもぐしているのは、キンマというガム?嗜好品。女の人が食べるのはタブー。若い女性はあんまり食べないけど、年配の女性が噛んでいるのはよく見かける。
    • レストランなど、テーブルの上に置いてあるお茶のカップは洗わない。カップは洗わずに同じものを使う。
    • ミャンマー人は油が大好き&激辛料理が好き。なので、ナチュラルテイストの日本料理を美味しいと思いません。
    • 男性よりも女性の方が高学歴な傾向。男性は、力仕事に従事することが多いので、女性の方が進学する傾向にあります。
    • 子供が働いてる。家庭の事情で学校に行くのをやめて、子供が働いていることが多々あります。
    • ミャンマーでは、怒るのはダメ。タブー。
    • ミャンマーの交通ルールはないに等しいい。基本、大きい車が強い、大きければ大きいほど優先される。
    • レストランなどで店員さんを呼ぶときに、口をとがらせて、ネズミのチューチューみたいな音を出して呼ぶ。
    • ミャンマー人はとにかく保守的。日本で言えば、昭和初期の感じ。
    • 親の言うことは絶対的なところがある。ほぼ逆らえない。
    • ミャンマー人女性がお酒を飲む、たばこを吸うのはタブー。
    • 海水浴、プールでは、服を着たまま入る。
    • 食事は、ボスが最初に食べるまで食べない。
  • 僧侶は、政治家よりも偉い。
  • 僧侶の言うことは聞く。
  • ピンクの服を着たお坊さんは女性。だけど、茶色い服を着ている女性もいる。
  • 女性も出家するので、髪の短いスポーツ刈りの女性をよく見かける。
  • 日本の仏教?文化と違い、古いものを大切にするのではなく、仏像、お寺、パゴダなど、常に新しくする。しかも、金色に!


このページの感想、レビュー等がありましたら、ぜひお書きください。
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

コメント、レビュー、質問、何でもお書きください。

ミャンマーあるある
レビューの平均: 
 0 レビュー

タイトルとURLをコピーしました